「55歳年収2,100万」 朝日総局長が流出させた驚愕「家計情報」

印刷

   朝日新聞の静岡総局長の私有パソコンから、個人情報と業務関連情報がネット上に流出した。個人情報には「(現在の)年収約1,900万円」、「将来の年収イメージ55歳2,100万円」や将来の生活設計といった項目がズラリ。新聞記者といえば、「夜討ち、朝駆け」に忙しく、お金の勘定には弱く、「将来設計」などとは無縁な存在だ、というイメージが強い。だが、実際の記者はそうでもないようで、「2ちゃんねる」では高額な給料に驚き、格差問題の「祭り」にもなっている。

退職金の見込み額、退職後の収入まで記されていた

朝日新聞総局長の高額給料に驚きの声
朝日新聞総局長の高額給料に驚きの声

   今回の情報流出騒動は、総局長が自宅パソコンにメールで情報を送ったところ、自宅パソコンにファイル交換ソフトWinny(ウィニー)が 入っていたため、メール110通などが流出した。朝日新聞は2007年1月16日の紙面で「05年12月から06年8月にかけて、外部筆者1人とやりとりしたメールなどが流出しており、この中には外部筆者の個人情報も含まれていた」としているが、注目されるのが、書類の形式をとった「家計情報」だ。

   「家計情報」によると、40代後半の総局長の年収は約1,900万円。55歳時に2,100万円まで上昇、その後、年約175万円減少。退職金の見込み額3,000万円、退職後の収入(嘱託、年金計)が700~1,000万円 などと書かれている。
   夕刊フジは07年1月16日付け紙面でこう暴露している。

「巨額の給与体系が明らかとなった(中略)支局長は都内にマンション(約6,100万円)を購入しているが、家族は公団の賃貸マンションに住ませ、所有マンションは住宅ローン返済のため賃貸に出している。支局長は4人家族。今年から2年ごとに100万円をかけて家族で海外旅行に行く『予算』までもが流出文章に記されていた」

   これが本当なら、なかなか経済感覚が優れた人物といえそうだ。

   「2ちゃんねる」ではこうした「家計情報」を見て「祭り」が始まっている。

「都内にマンション買ってさらに一戸建てなんてさすが朝日のエリートさんは違うなぁ」
「もう朝日は格差社会の記事書けないね」
「結局、格差社会を暴いたのは、マスメディアではなく、winnyだったって事かw」
「1900万円も年収あるなら、Winny専用のPCくらい買おうぜ!!!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中