東証とNYSE提携は期待はずれ 金融庁に失望の声も

印刷

   ニューヨーク証券取引所(NYSE)と2006年春から資本提携と業務提携の協議を進めてきた東京証券取引所が、提携協議開始から1年を迎える前に「成果」をアピールしようと躍起になっている。西室泰三社長は07年1月31日に訪米し、NYSEのジョン・セイン会長と会談し、「提携合意」を発表する意向だが、合意できるかどうか微妙なうえ、仮に合意できたとしても提携の中身は限定的で、市場が期待するサプライズはないようだ。事前にこの情報を入手した金融庁関係者から早くも失望の声が挙がっている。

「これから時間をかけて協議という合意」だけ

NYSEとの提携効果はあるのか?
NYSEとの提携効果はあるのか?

   今回、東証とNYSEが合意する提携とは、正確には「これから時間をかけて協議して行きましょうという提携合意」(東証関係者)に過ぎない。これでは、この1年間の交渉とは何だったのかと聞きたくなるが、東証関係者は「正式な協議のテーマを決めるための事前協議」と説明している。    月末の訪米に先立ち、西室社長は07年1月17日、金融庁に山本有二金融担当相を訪ね、これまでの経過と合意内容について説明した模様だ。山本金融相は10日、訪問先の米国で米証券取引委員会(SEC)のコックス委員長と会談した後、日本人記者向けに会見し、「西室社長が近くNYSEと提携で合意する」との趣旨の発言を行った経緯があり、西室社長は山本金融相に説明の必要があると判断したようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中