盗難殺人まで起きた マニアに人気三菱ランエボって何

印刷

   千葉県船橋市内で2007年4月15日深夜起きた車の盗難に絡み、引きとめようとした持ち主が殺された。この車は三菱の「ランサー エボリューション」(略してランエボ)。この車種を専門に扱う雑誌もあり、中古でも高値で売れるという。海外でも人気が高く、それに目をつけた犯行の可能性がある。隠れた「名車」の悲劇を追った。

元々ラリーのレース用に作られた車

ランサーエボリューションの専門誌が作るホームページ
ランサーエボリューションの専門誌が作るホームページ

   「ランエボっていうんだって??おいら車ってあんまりキョーミないんだよ」。4月17日に書き込みのあったあるブログはこう書き出した後、「でもこの車は大変人気があるそぉで・・・」などと、15日の事件を報じるニュースを引用しながら書き込んでいる。「今朝の情報番組でも(略)って言ってた」とテレビで見た情報として、この人気車種が高値で転売できるらしいという話に触れている。

   そんなに人気がある車なのか。ネットで「ランサーエボリューション マガジンWEB」というページを見つけた。雑誌としても季刊販売しており、4月で30号目を数える。編集部によると、「30歳代を中心としたマニアにとても人気がある車です」。テレビドラマ「電車男」に登場する人物も乗っていたことも有名な話だそうだ。ちなみにドラマの中でもこの車は盗難に会った。

   三菱自動車広報部によると、元々ラリーのレース用に作られた車で、1992年の一般発売以来、第9のタイプまで出ている。マイナーチェンジを含めれば14タイプ。しかも、通常2,3年に1度のところを毎年のように新しい型を出す。これがファンを喜ばせている。累計8万台近く売れ、「スポーツカータイプとしてはかなりの売り上げ」だそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中