長澤まさみ主演のドラマ初回視聴率が19.3%

印刷

長澤まさみさんが主演するフジテレビの月曜午後9時の新ドラマ「プロポーズ大作戦」(2007年4月16日)の平均視聴率は19.3%(ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録した。長澤さんはU―21トップ女優と言われてきたが、06年秋に放送されたTBS系の連続ドラマの「セーラー服と機関銃」、07年4月7日に日本テレビ系で放送された「夢二夜 シェイクスピアドラマスペシャル『ロミオとジュリエット』」のいずれも、視聴率が10%の前半と低迷。「(プロポーズ大作戦)でもコケるようなら、長澤人気は一気に地に落ちる。話題先行で、『上げ底女優』だったなんて言われないように、気張ってほしいものだ」(日刊ゲンダイ07年4月15日付け)などと書かれていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中