テロ糾弾のコメント出さなかった 安倍首相の超鈍感

印刷

   選挙運動中の伊藤一長長崎市長(61)が指定暴力団幹部の男に銃撃され、大量出血で死亡した。事件直後から与野党幹部は一斉に「言論を暴力で封殺するのは卑劣だ」といった声明を出したが、安倍首相だけは「真相が究明されることを望む」というそっけないコメント。これでいいのだろうか。

   伊藤市長は2007年4月17日19時50分ごろ、遊説先から戻って選挙カーから降り、選挙事務所に歩いていたところを、背後から指定暴力団六代目山口組水心会会長代行の城尾哲彌容疑者(59)に拳銃で2発撃たれ、直後に病院に運ばれた。4時間にわたって緊急手術を行ったが、銃弾は心臓を貫いており、翌18日2時28分、伊藤市長は搬送先の長崎大医学部・歯学部付属病院で死亡した。

与野党の幹部は、一斉に犯行を非難

官房長官がコメントしてるから「犯行非難コメント」遅くていい?
官房長官がコメントしてるから「犯行非難コメント」遅くていい?

   事件発生の一報を受けて、各党の幹部は、一斉に犯行を非難する発言をしたり、談話を発表したりするなどした。

「異なる政治的立場を凶弾により抹殺しようとすることは、あってはならない。われわれは政治信条の自由を断固擁護し、かかる暴力に反対する」(自民党・中川秀直幹事長)
「いかなる場合でも、どんな理由があっても暴力はいけないこと」(公明党・太田昭宏代表)

   野党側のコメントも、「言論への暴力に対する非難」という点では一致している。

「政治信条・言論を暴力で封殺するというのは極めて卑劣な行為。特に、選挙運動中の、有権者の皆さんと近づいて民主主義の原点として行動する無防備な時を狙うのは、さらに卑劣」(鳩山由紀夫・民主党幹事長)
「こうした卑劣なテロ行為では、自由と民主主義に対する最も凶暴な攻撃であって、絶対に許されない」(志位和夫・日本共産党委員長)
「選挙中の首長が撃たれるというのは異常な事態。武力で問題解決をしようとする傾向に断固抗議する」(福島瑞穂・社民党党首)

   そんな中、違ったコメントをしたのが安倍首相だ。4月17日20時3分に首相秘書官を通じて事件の報告を受け、同50分に

「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」

と述べたが、民主主義に対する挑戦を非難する言葉はなかった。なお、この発言をしたのは、中川幹事長の「政治信条の自由を断固擁護し、かかる暴力に反対」という談話と、ほぼ同じ時期。「発生直後なので状況がわからなかった」という言い訳は通用しない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中