2019年 10月 19日 (土)

投信人気、BRICsの次は「VISTA」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   投資信託の、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く投資先としてベトナムやフィリピン、オーストラリア、南アフリカが注目されている。販売競争も過熱ぎみで、BRICsに続く新たな投資先として、投信運用会社や、投信を販売する証券会社や銀行等の期待も大きいようだ。

50歳から60歳、団塊世代に人気

インドネシアへの投資にも注目が集まっている
インドネシアへの投資にも注目が集まっている

   ベトナムやフィリピンなどの新興国投信に注目し、07年4月からアジア関連投信の取り扱いをそれまでの8本から31本に増やした岡三証券は、「ちょっとしたブームではありますね。50歳から60歳、団塊世代に人気です」と話す。ただ、「商品の売れ行きはいいんですが、まだこれからの商品です。現状では環太平洋というか、オセアニアを含めた地域の商品が好調です」。

   投資信託協会の「通貨(国)別資産運用状況」によると、07年3月末のBRICsの純資産はブラジルが1,061億円、ロシア21億円、インド3,749億円、中国1,206億円。純資産の多いアジア・オセアニア国は、オーストラリアが3兆2,205億円。次いで、香港1兆2,165億円、ニュージーランド5,782億円、シンガポール2,871億円、台湾2,151億円と続いている。
   フィリピンの純資産は127億円、ベトナムは3月末の統計にはあがってこないが、アジアでいえば、マレーシアが630億円、タイ399億円、インドネシア308億円となっていて、「増加傾向にあります」(協会関係者)としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中