2019年 4月 24日 (水)

値段急落「薄型テレビ」 32型液晶が8万円割れ

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   薄型テレビの価格が急速に下がり、32型地上デジタル液晶で税込み8万円を切るものまで出だした。家電量販店は、薄型テレビに興味のある家庭にはほとんど行き渡り、「持っていない人に対しては価格を下げなければ売れにくい」状態になったためと説明する。いったいどこまで下がるのか。

国内有名メーカーの32型新商品でも12万円程度

ソニーは「薄型テレビの低価格化には追従しない」と話す
ソニーは「薄型テレビの低価格化には追従しない」と話す

   東京新宿にある大手量販店を2007年5月2日の昼に巡ってみた。GW商戦で店内は客でごった返していたが、なぜかテレビ売り場はさほど混んでいなかった。最安値の薄型テレビの価格はどうかといえば、国内有名メーカーのもので32型の新商品が税込み149,800円。これに20%のポイントが付くため、結果的に120,000円程度の値段ということになる。

   また、別の店舗では「展示品限り」ということで、26型が同103,000円。これにはポイントが付かない。さらに次の店舗に行ってみると、最新機種で26型が同168,000円。20型が118,000円だった。

   しかし、この表示価格からさらに値下げになるということで、店員に聞いたところ、26型は124,000円、20型は84,000円になるという。しかも20%のポイントが付くのだ。またこの店には大手ではないメーカーの薄型テレビも売っていて、32型は79,800円という安さで、さらに5%のポイントが付く。1年前には考えられない値段だ。

   J-CASTニュースが量販店の店員に「なぜこんなに安くなったのか」と聞くと、

「GW商戦ですから特別安くしているということもありますが、主なお客さんには薄型テレビが普及していて、そうでないお客さんには値段を下げなければなかなか売れない状況なんです」

   という。つまり、以前から使っているブラウン管テレビで満足している人もいるわけで、そういう人や、テレビにおカネをかけたくない人に対しては、値段の安さで訴求しなければならない時代に入っているらしい。総務省が発表したデータを見ると、一般家庭への薄型テレビの普及率は07年3月末で29.4%になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中