出会いカフェの中は 「人間水族館」だった
出会いカフェって何だ (上)

印刷

   「出会いカフェ」とか「出会い喫茶」という名前のお店が登場し、人気を呼んでいるらしい。もちろん、男性と女性が出会うための場だが、ここで知り合った女性を、酔わせてホテルに連れ込んだ末の犯罪も起きている。いったいどんなお店なのだろう。実際にいってみた。

ラブホテルに連れ込んだ上、「昏睡強盗」働く

インターネットでは「出会いカフェ」が検索できる
インターネットでは「出会いカフェ」が検索できる

   2007年春、東京・池袋の出会いカフェで知り合った20歳の女性に対し、男性小学校教諭(45)が、ラブホテルに連れ込んだ上昏睡強盗を働いた疑いで逮捕された。新聞各紙の報道によると、教諭は出会いカフェで知りあった女性を近くの居酒屋に誘った。最終的にラブホテルで現金1万円とブランドものの財布などが入ったバッグ(計約6万円相当)を昏睡状態にさせた女性から奪った疑い。女性は、居酒屋で薬のようなものを入れられたといい、教諭は、合意の上でホテルに行ったなどと話し、二人の説明は食い違っている。

   この事件で、「出会いカフェ」が注目されることになった。今どれくらいの店があるのだろうか。ある「出会いカフェの専門サイト」を見ると、全国各地のエリアに分かれ、中国・四国と九州・沖縄は空欄。大阪を見ると9カ所登録があった。東北は3カ所。東京が最も登録数が多い。池袋7カ所や新宿4カ所、渋谷4カ所などと細かいエリアに分かれている。ほかにも似たような「専門サイト」があり、相当な数の「出会いカフェ」が首都圏などで営業されていることが分かる。もっとも、風俗関係店と比べるとまだまだ少ないようだ。

   お店のHPを見てみる。男性用情報と女性用情報があるところが多い。男性用をクリックすると、入会金と入場料、フリートーク料、店外同伴外出料などを払うシステムを説明してある。値段は店によりまちまちだ。女性の胸元のアップ写真を載せる店もある。

   女性用をクリックすると、「無料のマンガ喫茶」という位置付けで「素敵な出会いがあるかも」とうたう。「給与、交通費いくら」という表記はない。別の女性求人サイトの「出会いカフェ」欄を見ても「無料でマンガ喫茶を利用できる」という紹介だけで、「キャバクラ」などほかの欄のような給与・交通費の説明はない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中