2018年 12月 11日 (火)

宮崎産「バブル」マンゴー 1個15,000円の魅力

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「バブル」値段のマンゴーが大人気だ。1個2,000円くらいのものが飛ぶように売れ、なかには1個で15,000円を超えるものもある。この「バブル」なマンゴー人気の裏には、東国原知事がいる。でもそれだけじゃなく、「チョー高くても、食べたい」と思わせてしまう魅力があるらしい。

2,100円のマンゴーがよく売れている

   宮崎県・東国原県知事は2007年5月10日、県産品のPRのため東京都中央卸売市場(大田市場)や伊勢丹新宿店を訪れた。この日、東知事が特にPRしたかった商品は「マンゴー」。同日、昼の情報番組TBS「ピンポン!」は、伊勢丹に現れた東知事を中継した。福澤アナウンサーは「宮崎のマンゴーは高いんですってね?」と東知事に聞いた。

「作るのに手間ひまかかるんですよ。木に1個2個しか(実が)ならず、それが完熟して木から落ちるのを待ち続ける」

   だから甘くておいしいマンゴーができるのだと東知事は力説した。「なんとか安くしてくださいよ」。福澤アナが懇願まじりにお願いすると、

「例年だと、もう少し経つと安くなりますが、今年は値崩れしないんですよ。需要が多くて」。

   番組内では、2個15,750円のマンゴーが紹介された。宮崎産完熟マンゴーの中でも一定の糖度と大きさの基準をクリアした「太陽のタマゴ」だ。J-CASTニュースが伊勢丹新宿店にたずねた。

「大きさによって値段が大きく異なり、最も大きいものは1個15,750円。最も小さいものなら1,575円。2,100円の大きさのマンゴーがよく売れている」

   宮崎県では85年から完熟マンゴーを栽培しており、生産量は年々増えている。需要も右肩上がり、シーズン(4月~8月)平均単価も伸びている。06年の平均単価は過去最高でキロ3,300円で、07年のこれまで(4/1~5/4)の平均単価はキロ4,760円。06年の約1.5倍ということになる。収穫量が増えるのはこれからなので、もう少し価格の下落が見込めそうだが、「ブーム」のせいか値段は下がりそうもない、との見方が県の農協関係者には強い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中