2018年 9月 23日 (日)

宮崎産「バブル」マンゴー 1個15,000円の魅力

印刷

   「バブル」値段のマンゴーが大人気だ。1個2,000円くらいのものが飛ぶように売れ、なかには1個で15,000円を超えるものもある。この「バブル」なマンゴー人気の裏には、東国原知事がいる。でもそれだけじゃなく、「チョー高くても、食べたい」と思わせてしまう魅力があるらしい。

2,100円のマンゴーがよく売れている

   宮崎県・東国原県知事は2007年5月10日、県産品のPRのため東京都中央卸売市場(大田市場)や伊勢丹新宿店を訪れた。この日、東知事が特にPRしたかった商品は「マンゴー」。同日、昼の情報番組TBS「ピンポン!」は、伊勢丹に現れた東知事を中継した。福澤アナウンサーは「宮崎のマンゴーは高いんですってね?」と東知事に聞いた。

「作るのに手間ひまかかるんですよ。木に1個2個しか(実が)ならず、それが完熟して木から落ちるのを待ち続ける」

   だから甘くておいしいマンゴーができるのだと東知事は力説した。「なんとか安くしてくださいよ」。福澤アナが懇願まじりにお願いすると、

「例年だと、もう少し経つと安くなりますが、今年は値崩れしないんですよ。需要が多くて」。

   番組内では、2個15,750円のマンゴーが紹介された。宮崎産完熟マンゴーの中でも一定の糖度と大きさの基準をクリアした「太陽のタマゴ」だ。J-CASTニュースが伊勢丹新宿店にたずねた。

「大きさによって値段が大きく異なり、最も大きいものは1個15,750円。最も小さいものなら1,575円。2,100円の大きさのマンゴーがよく売れている」

   宮崎県では85年から完熟マンゴーを栽培しており、生産量は年々増えている。需要も右肩上がり、シーズン(4月~8月)平均単価も伸びている。06年の平均単価は過去最高でキロ3,300円で、07年のこれまで(4/1~5/4)の平均単価はキロ4,760円。06年の約1.5倍ということになる。収穫量が増えるのはこれからなので、もう少し価格の下落が見込めそうだが、「ブーム」のせいか値段は下がりそうもない、との見方が県の農協関係者には強い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中