朝日iPod記事で大誤報 JASRACが訂正要求

印刷

   朝日新聞に掲載された「iPod vs. JASRAC」と題した記事が、日本音楽著作権協会(JASRAC)から「誤報」であるとして、訂正を求められていることが明らかになった。JASRACによれば、朝日の記者の大きな勘違いが「誤報」につながったらしいのだ。

「アップル側の管理がずさんなため」?

JASRACは朝日新聞の記事を「誤報」として訂正を要求している
JASRACは朝日新聞の記事を「誤報」として訂正を要求している

   問題となっているのは2007年5月17日の朝日新聞(朝刊)に掲載された「iPod vs. JASRAC 著作権料2.5億円不払い」と題された記事。携帯音楽プレーヤー「iPod」にインターネット上のサイト「iTunesストア」で音楽を取り込む際の著作権料について扱った記事だが、それによると、05年8月から始まった音楽配信サービスで米アップル社からJASRACに支払うべき著作権料2.5億円が支払われていないのだという。また、この記事によれば、JASRAC側は「アップル側の管理がずさんなため」と言っているようなのだ。

   この記事についてJASRACは2007年5月17日、「正確さを欠く内容が掲載された」として同協会ホームページに抗議の声明を掲載した。それは次のような内容だ。

「当協会と日本地域でiTunesサービスを行う日本法人iTunes株式会社(米国アップル社傘下)との間では、音楽著作物利用許諾契約が存在し、同社による著作物利用実績の報告および暫定著作物使用料の支払いがすでに行われており、現在は当協会において、利用曲目の正確なデータを得るための解析作業を行っております」

   つまり、2.5億円の著作権料はすでにJASRACに支払われていたようなのだ。JASRAC広報部はJ-CASTニュースに対し、記事は「誤報」で、朝日の記者の取材に対しては「(不払いはないことを)もちろん言った」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中