2020年 4月 5日 (日)

次世代無線ブロードバンド免許、新規参入優先に既存事業者から不満の声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   携帯電話に比べて格安な携帯IP(インターネット・プロトコル)電話などが可能となる次世代無線ブロードバンド(高速大容量)通信向けの帯域(2.5GHz帯)の周波数割り当てに関する総務省の免許方針案が波紋を広げている。最大2社に周波数が割り当てられるが、新規参入で競争を促すため、NTTドコモなど第3世代携帯電話(3G)の免許を持つ会社と、そのグループ会社は対象から除かれたためだ。

反発は「想定の範囲内」

ドコモなどからも、不満の声があがっている
ドコモなどからも、不満の声があがっている

   この帯域は、光ファイバー並みのブロードバンド(高速大容量)通信ができる無線通信システム「ワイマックス」など向け。携帯電話の通信方式ではなく、IPの通信方式がベースとなることが想定されており、通信各社が参入を目指していた。だが、今回の総務省案では、NTTグループ、KDDIソフトバンクイー・アクセスなどは、単独での免許獲得の道が閉ざされた。

   現段階で条件をクリアしているのは、ADSL(非対称デジタル加入者線)会社のアッカ・ネットワークスと、PHS会社のウィルコムのみ。免許が取れなければ、3分の1以下の出資による参加や、他社の通信インフラを借りたMVNO(仮想移動体通信事業者)としてサービスを提供するしかない。このため、方針案に対しては、NTTグループだけでなく、かつては後発通信事業者として「新電電」と呼ばれたKDDIからも「当社の期待に反する」と強い不満の声が上がっている。

   ただ、総務省には、これらの反発は「想定の範囲内」。免許方針案の大枠が修正される可能性は少ない。総務省は、次世代無線ブロードバンドでは、携帯電話会社が通信網から端末、コンテンツを一気通貫で管理する「垂直統合型」ではなく、通信網、端末、コンテンツのそれぞれを別々の会社が管理する「水平分業型」のビジネスモデルが適していると判断しているからだ。携帯会社の手の中に閉じ込められていた移動体通信を、有線ブロードバンドと同様に、インターネットの世界に開いていこうとする狙いがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中