2019年 10月 16日 (水)

2,700万円「ルノワール」 ヤフオク出品本当の狙い

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ヤフーオークションに2007年6月5日、鑑定書付きルノワールの絵画が出品されて話題になっている。オークション開始値はなんと2,700万円で、鑑定書付きとしては過去最高値だという。買い手が現れるかはわからないが、たとえ売れなかったとしても、出品者には別の狙いがあるのだという。

HPへのアクセスが250倍以上

「ヤフオク」にルノワールの絵画が出品されている
「ヤフオク」にルノワールの絵画が出品されている

   ヤフオクに出品された絵画は、ルノワールの「若い女性の背中と少女の顔」。ヤフオクが「鑑定書付きオークション」という新しいカテゴリーを始めたのは07年5月24日から。出品者は大和田画廊オーナーの大和田操さんで、J-CASTニュースの取材に対し、出品の経緯をこう語る。

「海外ではサザビーなどがネットオークションに参入し、高額な絵画が普通に出品されていますが、日本は遅れています。たまたまヤフーの鑑定書付きオークションを知りまして、これはいい機会だと出品を考えたんです」

   入札は2,700万円から。この2,700万円というのは採算ギリギリ。これを下回ると「赤字」だそうだ。

   このルノワール、ネットで「高額な絵画がオークションに出ている」と話題になり、大和田画廊のホームページにもアクセスが集中。HPに掲載されている絵画に1点に付き通常は日に30アクセス程なのだが、出品したこのルノアールだけで、1日で7,000アクセスにものぼり、さらに増え続けている。大和田さんによれば、こうした注目で目的の一つが果たせているのだという。だからか、売れるか、売れないかについてはこんなことを述べる。

「たぶん、売れないだろうと(笑い)。でもね、再び絵画に注目してもらうための啓蒙・啓発になってくれればいいと思っているんです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中