2021年 8月 1日 (日)

ブルドックとスティー ル 買収めぐり法廷闘争の可能性

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ソース業界最大手のブルドックソースと、同社の全株取得を目指してTOB(株式の公開買い付け)を仕掛けている筆頭株主の米系投資ファンド、スティー ル・パートナーズとの対決機運が高まってきた。ブルドックは2007年6月7日、スティールのTOBに反対を表明し、防衛のために新株予約権の発行を核とする対抗策を発表した。これに対するスティールの対応はまだ明らかにされていないが、法廷闘争に持ち込まれる可能性もありそうだ。
   スティールは07年5月18日にTOBを開始した。ブルドック側はスティールに質問状を出すなどでその意図を探り、TOBへ賛否を検討してきた。この結果、ブルドック経営陣は「スティールはブルドックの経営に何ら具体的な方針を明らかにしておらず、ブルドックの企業価値や株主の共同利益を損なう」と判断して、6月7日の取締役会で反対を決議した。

スティールには「行使できない新株予約権」交付

   それと同時にブルドックが打ち出した対抗策は、スティールを含む全株主に1株につき3つの新株予約権を無償で割り当てることだった。敵対的買収者であるスティール以外の株主は予約権を行使することで普通株を交付されるが、スティールだけは予約権を行使できず、代わりに現金を渡されるというものだ。

   これが実行されると、スティールのブルドック株保有比率は現在の10.5%から3%弱に低下する。ブルドックはこの対抗策を6月24日に開く株主総会にはかり、3分の2以上の株主の賛成が必要な特別決議によって承認を得ようという計画だ。
   企業買収にからんでの新株予約権発行に関しては、ライブドアとフジテレビジョンによるニッポン放送の買収合戦でも計画され、東京地裁が新株予約権発行の差し止めを認めている。
   しかし、このケースでは、ニッポン放送は新株予約権発行を取締役会だけでしか決議していなかった。また、フジテレビという特定の第三者にだけ割り当てようとした。
   これに対し、今回のブルドックの計画では、株主総会の特別決議で承認を得ようとしており、しかも、スティールを含むすべての株主に割り当てる手法で臨む。このため、ブルドックはたとえ新株予約権の発行差し止め請求などが起こされ、法廷闘争に持ち込まれても「勝てる」と見込んでいる模様だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中