パソコン利用者の8割が「ストレス」

印刷

コンピューターウイルス対策会社「シマンテック」(東京・港区)は2007年6月13日、「パソコン利用時のストレス調査」の結果を発表した。パソコンの動作性能に関する質問では84%が何だかのストレスを感じていた。ストレスを感じる理由(複数回答)では、「動作が遅い」が最も多く66%だった。「パスワードを忘れる」も28%あった。調査は07年4月中旬、2,000人を対象にインターネットを通じて実施した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中