2020年 7月 4日 (土)

世界ラリー選手権 苦戦富士重が巻き返し

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   世界ラリー選手権(WRC)での苦戦が続く富士重工業。だが2008年は勝ち星が期待できる年となりそうだ。WRC参戦車のベース車となる「スバル インプレッサWRX STi」の新型車が、07年秋口に国内で発売される予定だからだ。ボディーは「スバル インプレッサ」の5ドアハッチバックを使うが、パワートレーン(エンジンなどの駆動部分)や足回りなどはインプレッサとは別のチームが一から開発した。WRCでの勝利はもちろんだが、「走り」に特化したWRX STiを日本の後に欧米市場にも投入し、グローバル市場でスバル車の知名度を高めていく狙いだ。

エンジンなど、新型インプレッサとまったく別物

新型インプレッサで海外での評価を向上させたい考えだ
新型インプレッサで海外での評価を向上させたい考えだ

   今回発売した3代目インプレッサのボディー形状は5ドアハッチバックのみ。

   1.5リットルDOHCエンジン搭載の「15S」と2.0リットルSOHCエンジンの「20S」、2.0リットルDOHCターボエンジンの「S‐GT」の3グレードで構成される。

   このうちS‐GTにはグランドツーリングとしての特性を付加し、旧型インプレッサのWRX同等またはそれ以上の走行性能を持たせた。だが同社は、S‐GTよりも走りに特化したWRXシリーズを用意している。

   日本同様に海外でも、WRC参戦車のイメージからインプレッサのターボ装着車であるWRXシリーズにはファンが存在する。このため07年夏、北米で販売する仕様車は2.5リットルSOHCのNA(自然吸気)とターボの2種類のエンジンを用意し、5ドアハッチバックと4ドアセダンを投入して、4ドアセダンにWRXを設定する。

   国内で秋に登場するWRX STiは、インプレッサの中で走りの機能を最も高めた量産車となる。WRX STiの開発チームは、モータースポーツでの戦闘力を重視した車づくりを進めている。エンジンやトランスミッション、サスペンションなどは、新型インプレッサとはまったく別物だ。08年のWRCには、このWRX STiをベースとした競技車を投入する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中