「当て逃げ」動画で大騒動 本人解雇、勤務先も謝罪

印刷

   車の「当て逃げ」の映像がユーチューブ上に公開され、インターネット上の掲示板「2ちゃんねる」で大騒動になっている。さらに、映像に映っていたナンバーの車両を所持している人物がSNS「ミクシィ(mixi)」でその車を「公開」していたことが発覚。この人物が解雇され、務めていた会社が謝罪、HPが閉鎖する事態にまで発展した。

警察に取り合ってもらえず、ブログで公開

「当て逃げ」動画はネット上で大きな反響を呼んだ
「当て逃げ」動画はネット上で大きな反響を呼んだ

   問題になっている映像は、車載カメラで夜間の道路を走行している様子を映したもの。一台の白い自動車が被害者の自動車を背後から煽りはじめ、側面に「どん」と体当たりした挙句、逃走するというものだ。

   被害者側のブログ(現在では閉鎖)によると、被害者側が警察に届けた際に、警察側に「きっとあなたが相手の気に触る様な運転したからでしょ。じゃなきゃ相手もこんなことしないでしょ普通?」などと言われ、当初、全く警察に取り合ってもらえなかったことから、ブログで映像を公開するに至ったという。

   「当て逃げ」の一部始終を収めた映像は、動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」にアップされ50万近い閲覧数(07年6月18日現在)を記録するなど、ネット上で大きな反響を呼び始めた。
   さらに「当て逃げ車両」の所有者と見られる人物が、当て逃げ車両のナンバーと同一の車両の写真をミクシィに掲載。そこから「当て逃げ車両」の所有者の勤務先や、妻のアカウントなどが特定された。

   さらに、所有者の勤務先が、車の修理や構造変更などを行う会社だったことから、「当て逃げをしておいて自分の会社で修理したのでは」といった憶測を呼び、2ちゃんねるでは07年6月18日時点で、スレッドが50本近く立てられ、大規模な「祭り」状態にまで発展。「当て逃げ犯」とされる人の住所、勤務先の連絡先などの個人情報が書き込まれ、この人物やその妻の写真、自宅や問題の車両の車検証を撮影した写真をアップする者まで現れた。
   まさに、ミクシィ、ユーチューブ、2ちゃんねるという3大コンテンツをまたぐネット上の大騒動となったが、この話はどうやらネット上だけの話では済まされなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中