2019年 8月 24日 (土)

車内レイプ「女性がワルい」 市民記者記事に非難轟々

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ライブドアの「市民記者」が書いた特急電車内でのレイプ事件についての記事に、同じライブドアのニュースサイト「独女通信」が激しくかみついた。この事件は「(被害者である)女性がワルい」という内容だったため、「これはないんじゃないか」と反論に踏み切った。ネット上でも「最低で最悪の記事」といった批判の声が上がっていた。

自己主張しなかったから、レイプされた??

車内レイプ「女性がワルい」記事に「独女通信」が噛み付く
車内レイプ「女性がワルい」記事に「独女通信」が噛み付く

   問題となっている記事は、PJニュースがライブドアに2007年4月26日に配信した「レイプ事件、『一番ワルい』のは誰だ。」と題された記事。06年8月にJR北陸線の特急電車「サンダーバード」車内のトイレで、当時21歳の女性を乱暴したとして男が逮捕された事件について書かれた。

   記事は、PJニュースの市民記者がこの事件について「誰が一番ワルいと思うか」と、電車内やバスなどで女性に意見を聞くというところから始まる。

   そして、市民記者の「突撃インタビュー」に対してはっきりと意思表示をしなかった女性に対し、

「私は『やっぱりだな』と思った。この意思表示しない女性、今時の女性はハッキリしてるからと思いきや、男に対しては驚かないが、喋りの表現の仕方が、はっきり言ってまるでガキ。日本人特有のファジイなのである」

   とした上で、次のようにレイプ事件を評している。

「なぜ、その(周りの人にアピールする)勇気が持てなかったのか。それは、自分が危険であるにもかかわらず、まだウジウジと、拒否の表現をしない曖昧さが、普段から身に付いているのである。結果として、そのファジイがレイプされる事になったのだ。だから、この女性が一番ワルいのだ。自己主張しなかったから」

   さらに、「ミニスカートに、太ももムッチリ、座るとパンツちょろ見え、下着ファッション、場違いノースリーブ」をファッションとして心得ている女性が、「本物の痴漢世界を許容している」といった具合に、言いたい放題の批判を繰り広げる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中