サマータイムを試験導入 経団連

印刷

日本経団連の御手洗冨士夫会長は2007年6月28日、経団連事務局職員約220人を対象に07年8月の1カ月間、就業時間を1時間繰り上げるサマータイムを試験導入する考えを明らかにした。現在の就業時間は9時30分から17時まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中