2019年 2月 22日 (金)

小沢代表のニコニコ動画書き込みストップで「炎上」騒ぎ

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   民主党の小沢一郎代表が年金問題を語る動画が、ネット上の動画投稿サイト「ニコニコ動画」で配信され始めた。しかし、配信後まもなく動画へのコメント書き込み機能を「技術的問題」を理由に運営側が停止させた。「批判封じか」など批判が集中、一種の「炎上」状態となった。参院選公示を前に民主党は得したのか、損をしたのか、微妙なところだ。

   動画は4分弱。スーツ姿の小沢代表が、「国民の生活が第一(の政治)を実現する」などと主張する。途中、画面上に文字で年金に関する質問が何度か入り、質問に答える形で「年金制度を1つにまとめます」「年金以外に流用する制度は直ちに廃止します」などと訴えている。

24時間体制で監視し、誹謗中傷などは即時削除する

ニコニコ動画には、小沢代表の動画のほか、パロディー化した動画も流れた
ニコニコ動画には、小沢代表の動画のほか、パロディー化した動画も流れた

   配信が始まったのは、2007年7月9日9時20分過ぎだ。コメント書き込みもほどなく始まった。昼過ぎごろには、運営するニワンゴが書き込み機能を停止させた。それまでに数千の書き込みがあった。親会社のドワンゴ広告宣伝部によると、小沢代表の動画企画は、ドワンゴ側が働きかけて実現した。そして、自主的に24時間体制で監視し、誹謗中傷などは即時削除するという方針を決めたという。
   数千の書き込みの中に削除対象があったが、今回用に臨時で作成したコメントの削除ツールに不具合が生じたため削除できなくなったという。そのため事前の方針を満たすために書き込み機能を停止し、それまでのコメントも全て削除した、としている。コメント書き込み再開は未定という。もっとも、公職選挙法との関連で、再開されても公示前の7月11日23時59分までしか書き込みはできないそうだ。動画は7月10日以降も見ることができ、公示の12日以降も配信を続ける予定だ。
   ドワンゴ側は「荒らしは予想の範囲内」「賛否両論あるのはかまわない、と民主党側からはいっていただいていた」と説明する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中