「ユーチューブ」利用の討論会 米民主党

印刷

2008年に行われる米大統領選挙の民主党候補による公開討論会が2007年7月23日、サウスカロライナ州で動画投稿サイト「ユーチューブ」CNNが共催して開かれた。通常の討論会では、候補者への質問はジャーナリストなどが行うが、今回は一般国民から寄せられた「ビデオ質問」に答える形で進行した。約3,000本の質問のビデオが寄せられ、その中から約40本が選ばれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中