2019年 9月 15日 (日)

ゆかり秘書の政界「空中戦」 2ちゃんに聖子悪口カキコミ?

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   週刊誌2誌が相次いで、佐藤ゆかり衆院議員のスキャンダルを報じている。佐藤議員の政策秘書を務めた男性が、同議員の「裏の顔」を告発する、という内容だ。その中には、「命じられて、2ちゃんねるに野田聖子議員の悪口を書かされた」というものもあった。

「岐阜新聞は野田の手先か」元秘書が書き込み?

本当に書き込みの指示はあったのか(写真はイメージ)
本当に書き込みの指示はあったのか(写真はイメージ)

   記事が掲載されたのは、週刊文春週刊新潮(いずれも2007年8月2日号)。それぞれ、元政策秘書の男性のインタビューで構成されている。この男性は06年5月からボランティアとして事務所に関わりはじめ、06年12月には公設第2秘書として採用され、一時期は政策秘書も務めていたが、7月19日付けで辞職した。

   両誌によると、事務所を去った佐藤事務所の秘書は、この男性で8人目。両記事とも、劣悪な労働環境や佐藤議員の高飛車な態度などが、相次ぐ辞職の理由だとしており、さまざまなエピソードが紹介されている。個別のエピソードの内容は、両誌で微妙に異なっているが、両誌で共通して紹介されているのが、「郵政選挙」で議席を争った野田聖子衆院議員への敵対心だ。

   発端は、06年9月25日に岐阜新聞の1面に掲載された記事。野田議員を含む「郵政造反組」が06年内にも自民党に復党する見通しだという観測記事だが、同じ選挙区で戦った佐藤議員にしてみれば、これは許せないことだったのだという。佐藤議員は男性に「岐阜新聞は野田の手先か、岐阜新聞は野田新聞なのか、とネットに書き込んでください」と指示し、男性は2ちゃんねるに、その趣旨の書き込みを行ったのだという。「新潮」では、男性が行ったとされる書き込みの内容を、写真とともに詳細に紹介している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中