2019年 10月 22日 (火)

「わいせつ」英語宿題 高1に「好きな体位は?」 

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   北海道立札幌丘珠高校の1年生の夏休みの英語の宿題のなかに「好きな体位は?」といった「わいせつ」な表現があったことが明らかになった。学校側は生徒に緊急に連絡して、新しい宿題を発送。古い宿題は、夏休み明けに回収する。宿題を出した教諭は「大人の英会話の本」をコピー、うっかり配布してしまったらしい。

「大人の英会話本」をそのままコピーして配布

   同高校によると、40歳代の男性英語教諭が2007年7月24日に1年生318人に「街でナンパ」「街で知り合った人とデート」といったテーマで作文し、それを英語にするという夏休みの宿題を出した。さらに、この教諭は、国内で市販されている「大人の方が海外旅行に行くときの英会話の本」(同校)計3冊から14ページをコピーし参考資料として配布した。

   この資料のなかに「好きな体位(ポジション)は?」といった「わいせつ」な例文が記載されていたという。

   夏休み初日の翌7月25日の朝に生徒の親から指摘があり、「わいせつ」例文が発覚。同校は同日午後に連絡網でこの宿題をやらないように指示。7月26日に謝罪文を添えて、新しい宿題を生徒全員に郵送した。

   同校の坂口由美子教頭はJ-CASTニュースに対し、

「高校1年生が本来持つべきでない知識を持ってしまうものでした。ナンパはダメです。ナンパの課題をやめて、1年生のコミュニケーションを取れる英語力をつけるということで、レストランやショッピングの課題を(新たに)出しました」

と説明する。坂口教頭によれば、夏休み明けの9月に実施される試験に向けた指導プランの一環だったが、英語教諭が時間に追われていたため「大人の英会話の本」をそのままコピーして配布してしまった。英語教諭は、この本自体が「セクシャルな表現」ばかりが記載されているというわけではなかったため、コピーしたページのなかに「好きな体位は?」という「わいせつ」な表現があることに気づかなかったという。坂口教頭は「配慮に欠けていた。(英語教諭)本人も不適切だったと反省している。生徒には申し訳ないし、今後も保護者に説明したい」と述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中