テレビ局「選挙特番」ウォッチ TBS「乱!」
真紀子、東国原ら豪華ゲストで、にぎにぎしく

印刷

   TBSの選挙特番「乱! 参議院選挙2007」は、鳥越俊太郎をアンカーに据え、筑紫哲也も音声のみだが参加したほか、田中真紀子衆院議員や宮崎県の東国原英夫知事ら豪華ゲストを迎え、にぎにぎしいなかで当落の泣き笑いを伝えた。

真紀子、安倍続投に「自分のことばかり。もう悲しくなる」

   ゲスト出演した田中真紀子衆院議員(無所属)は、いきなり因縁の鈴木宗男衆院議員とのツーショット。キャスターの杉尾秀哉がお互いの選挙戦のようすについて水を向けるが、真紀子議員はつくり笑顔で「なにも話すことはございません」と繰り返した。

   そんな真紀子議員が激怒したのは、安倍晋三首相が続投を表明したとき。口調は静かだったが、「(安倍総理は)自分だけが生き延びればいいと思っているし、甘い。政治家としてプロではない」と言い放った。

   さらに、自民党で岡山県の片山虎之助さんが落選の弁を聞いて、「さすがだと思います」と。安倍首相がTBSのインタビューでも「(第一党になるであろう民主党ともに)協力して新しい国づくりを行うことがわたしの責任」と続投の意向を繰り返すと、「(片山氏のような)自民党にもいい先輩がいるのに、わたしが、わたしが、と自分のことばかり。もう悲しくなる」と、うんざりしたようすで話した。

   また、真紀子議員は自民党の苦戦について、「いまの自民党は極右に近い人が党と内閣にいる。国際競争力が落ちているし、国民負担が増していることをわかっていない」と語った。真紀子議員は、地元・新潟で森ゆう子さん(民主党公認=当選確実)の応援に駆けつけるなどで選挙戦にかかわっていたが、「2回続けて負けた候補に3回目はないのがルールだったはずではなかったの? ルールを勝手に、しょっちゅう変えている。だから自民は信用がない」と、自民党の対応を厳しく批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中