2020年 8月 6日 (木)

1.5万円が「1,980円」 亀田チケット暴落?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの亀田兄弟が外国人ボクサーとそれぞれ対決した2007年7月28日の「亀田の夏祭り(興毅、大毅ダブルメイン)」(東京・有明コロシアム)のチケット「暴落説」がインターネットでささやかれている。金券ショップに大量に並べられ、1万5,000円の席を1,980円に値下げしたが、売れ残っていたというものだ。

パフォーマンスのため?「1,000席潰した」

「亀田チケット不調」を伝えるJ-CASTニュース
「亀田チケット不調」を伝えるJ-CASTニュース

   ネットのアメーバニュースが7月29日に伝えたところによると、7月28日の試合当日、新宿の金券ショップを訪れるとチケットが大量に並べられ、1万5,000円のリングサイト席が「1,980円」と「イチキュッパ」で売られ、S席5,000円が980円で売られていた。

   「こんなの金払って観るやついるのかよw」「大体が芸能でも何でも流行が過ぎればプラチナチケットと言われた物が、普通に手に入るようになりそのうち消えていく」などのコメントが寄せられた。mixi(ミクシィ)などでも引用され、関心を集めた。

   数件の新宿の金券ショップに話を聞いてみると、「元がいくらの席か覚えてないが、何分の一かに下げてそれでも売れないのが何枚もあった」「2枚で3,000円の(チケット)を見た。担当がそれでも売れない、とまだ下げると言っていた」といった反応だった。チケットの元の値段がはっきりしないことはあるが、不人気だったのは間違いないようだ。

   7月28日夜にTBS系で放送された「夏祭り」は、前半は次男、亀田大毅選手、後半は長男の興毅選手がそれぞれ試合をした。両方ともノンタイトル戦だが、事前にスポーツ紙が「(興毅選手が」保険に入るほど危険な命がけパフォーマンス」「(パフォーマンスのために)いす1,000席を潰している」などと報じた。試合当日の映像を見てみると、赤い布のようなもので席が広く覆われたスペース上の「空中」に興毅選手が現れた。スモークの中からゴンドラに乗り、空中につるされながら少しずつ降りてくる仕掛けだ。結婚式でも同様の仕掛けをする式場があったような、そんなパフォーマンスだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中