柏崎刈羽原発の被災で業績を下方修正 東京電力

印刷

東京電力は2007年7月31日、2008年3月期の業績予想(連結ベース)を下方修正した。新潟県中越沖地震の影響で柏崎刈羽原子力発電所が停止しており、火力発電を稼動させるための原油や液化天然ガス(LNG)の調達費用がかさむのが理由という。経常利益は07年4月時点では4,000億円を予想していたが、それよりも2,700億円少ない1,300億円に修正した。当期純利益も当初の3,100億円から2,450億円少ない650億円に修正した。柏崎刈羽原発の被害状況は検査中で、復旧のための支出見積もりが困難なため、今回の業績修正に織り込んでいないという。復旧費用を含めれば業績はさらに悪化する恐れがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中