公取委、カルテルの疑いで新日鉄などに立ち入り検査

印刷

土木工事用鋼材の価格をめぐり公正取引委員会は2007年7月31日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで新日本製鉄JFEスチール住友金属工業クボタ4社の本社と支社など計20ヶ所あまりを立ち入り検査した。原材料の価格高騰分を転嫁すべく、値上げ時期を申し合わせるなどの違法な価格カルテルを結んでいた疑いが持たれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中