2019年 6月 17日 (月)

セルジオ「オシムは最低の監督」 痛烈発言にネットで賛否両論

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   サッカー日本代表がアジアカップ4位という結果に終わった。過去2大会はトルシエ、ジーコの2監督とも前評判が芳しくなかったにもかかわらずに優勝していた。今度は評価が高かったオシム監督が結局4位に終わり、メディアやネット上の一部では評価は「ガタ落ち」だ。さらには解説者のセルジオ越後氏は「結果はゼロ」「最低の監督」「更迭する絶好の機会だった」などと手厳しく批判。批判の矛先は日本サッカー協会にも向いている。

川淵三郎キャプテンにまで批判の矛先

セルジオ越後氏はブログの中でオシム監督「最低の監督」と評している
セルジオ越後氏はブログの中でオシム監督「最低の監督」と評している

   セルジオ氏は2007年7月29日、日本が韓国との3位決定戦にPK戦のすえ敗れたあとで、ニッカンスポーツのウェブサイト内に設置された自身のブログで、

「最近の日本代表としては、最もレベルの低いチームだろう。選手もそうだが、オシム監督で本当にいいのか?」

と痛烈に「オシムジャパン」を批判。怒りは収まらなかったようで、8月1日には、

「結果を出すのが代表監督として最も重要なはずだが、結果はゼロだった。『やり方は間違っていなかった。後は個人の問題』と話しているようだが、自分が選んだ選手の責任にしているようじゃ、最低の監督と言われても仕方ないだろう」

と「最低」であることを強調している。さらに、オシム監督を更迭せずに、負けた分析も徹底的にされないまま、次回のW杯に突入することに危惧を示した上で、

「4位という結果を多方面からしっかり分析した上で、オシム監督でなければW杯予選を勝ち抜けない-と万人が納得できる根拠ある説明が必要だろう。コンフェデ杯には出られず、次回アジア杯のシード権も失い、オシム監督を更迭する絶好の機会だったが、それすらやらないワンマン会長は、選挙に負けても辞めずに『改革するのが自分の責任』と言っている、どこかの国のトップと同じ。ケジメの取り方を知らない人間にはなりたくないね」

と、参院選の結果になぞらえて、オシム監督を更迭しない日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンにまで批判の矛先を向けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中