2021年 9月 27日 (月)

溺れた夫婦助け、名乗らず去る 「クール」なサーファー君はだれだ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   宮崎市熊野の海岸で2007年8月13日、沖に流された夫婦を救助し、名乗らずに去ったサーファー君が、その去り際がクール(Cool)だとネットで話題になっている。宮崎南署でも、「サーファーの男性から聞こうとしたが、あまり話したがらなかった」という。

「同じサーフィン好き人間として、誇りに思う」

こんな「ク~~ル」なサーファー君かもしれない…(写真はイメージ)
こんな「ク~~ル」なサーファー君かもしれない…(写真はイメージ)

   遭難騒ぎがあったのは、サーフィンのメッカとして有名な木崎浜の北端に当たる清武川河口付近。独自にニュースを報じた07年8月14日付毎日新聞によると、前日午後2時10分ごろ、家族で水遊びをしていた香川県坂出市の男性(34)とその妻(31)が約100メートル沖の日向灘海上に流された。それを目撃した、くだんのサーファー君がサーフボードに乗って救助に向かい、2人をボードにつかまらせた。約30分後に、県の防災ヘリが夫婦を吊り上げ、2人ともけがはなかった。毎日新聞では、

「サーファーは夫婦が救助された後、自力で岸に泳ぎ着き、そのまま立ち去った」

としている。
   この報道の後、早速、ネットでは、サーファー君の話題で大盛り上がり。2ちゃんねるでは、スレッドがいくつも立ち、「超クール」「アンビリバボーあたりで再現ドラマ化!」と次々に彼への賛辞が寄せられた。初めに立ち上がったスレッドは、コメントが1000を越え、表示できない状態になった。

   ブログでも、話題になった。あるサーファー男性のブログでは、毎日の記事を紹介し、「いやぁー、久しぶりにシビレたわ。アンタ男だよ。同じサーフィン好き人間として、誇りに思う」。

   では、サーファー君は、いったい誰なのか。J-CASTニュースでは、彼を探そうと、いくつかのサーフショップに聞いてみた。木崎浜近くにあるグランスサーフボード店長の氏原智一さん(38)は、「そこはいつも宮崎大学サーフィン部が練習しているところ。もしかしたら、宮大生のサーファーかもしれない」という。だが、県外からも多くのサーファーが訪れるとあって、どのショップに聞いても、有力な手がかりはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中