2019年 9月 21日 (土)

大人にも子供にも人気 おしりかじられ「チョーいい感じ」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   NHKの歌番組「みんなのうた」で放送されている「おしりかじり虫」が、大人気になっている。07年7月27日に発売されたCDやDVDが品切れに。NHKサイトからの有料ダウンロード数は2万を超え、歴代の「みんなのうた」の中でも断然トップ。ミクシィ(mixi)にコミュが作られていて、「だんご3兄弟」(公称出荷枚数約380万枚)を抜くのではないか、とまで言われている。

「おしりとおしりでお知り合い」

ユーチューブにもアップされ、50万アクセスを超える勢いだ
ユーチューブにもアップされ、50万アクセスを超える勢いだ

   「おしりかじり虫」は、顔が体の数倍大きいアリのような奇妙な妖精(虫)が主人公。軽快なメロディーに乗って人間のおしりに噛み付く。
   「おしりとおしりでお知り合い」「かじられちゃってチョーいい感じ」「かじってナンボの商売だ~」などのコミカルな歌詞やセリフが登場する。他人との「距離」「遠慮」で漠然とした疎外感のある現代社会に現れ、妖精が「おせっかい」して人間の尻に噛み付く。妖精に噛み付かれると元気になり、踊り出し、みんなが仲良くなる、というわけだ。

   NHK広報によると、当初は奇妙な妖精が尻に噛み付くのを幼児に見せるのは、「お行儀が悪いのではないか」という苦情も来たのだという。しかし、

「ストーリーを説明するとみなさんに納得していただけた」

J-CASTニュースに話す。放送開始は07年6月で、初めは幼児に人気だったが、母親、父親もハマってしまい、現在では「みんなのうた」を見る機会の無い層まで広がっているそうだ。放送は07年7月で終了する予定だったが、07年9月まで延長された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中