2019年 12月 16日 (月)

ケータイ開発マル秘計画 グーグル・カレンダーから漏洩

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ネット上での個人情報流出が相次ぐなか、今度は企業秘密が流出した。これまでの情報流出のパターンとしてはウイルス感染やUSBメモリーの紛失などが多かったが、今度はグーグル・カレンダーからの漏洩だ。デザイン会社の社員のスケジュールが誰でも見られるようになってしまい、ここから携帯電話の開発計画の一部が判明してしまったのだ。

「超セレブ向けケータイ」の開発が進行?

「グーグル・カレンダー」から情報が流出した(写真はイメージ)
「グーグル・カレンダー」から情報が流出した(写真はイメージ)

   東京に本社があるデザイン会社は、07年5月上旬にグーグルが提供するスケジュール管理システム「グーグル・カレンダー」を利用して、スケジュールの管理を始めた。この会社の役員が部下にカレンダーの設定をさせたところ、その部下は、誤ってスケジュールの内容が誰でも見られる状態に設定。役員もそれに気づかないまま、業務内容が漏洩する結果になった。J-CASTニュースのスタッフがこれを指摘し、内容はすでに削除されている。

   漏洩したスケジュールからは、携帯電話業界の端末開発の厳しさの一端がうかがえる。例えば、8月初めには「08夏メーカー提案」、下旬には「08夏モデルメーカーデザインコンセプトディスカッション」とあり、発売の1年以上前からデザインの検討が行われていることがわかる。

   他にも、連日のように「カラー検討MTG(ミーティング)」「デザイン検討」「カラーモック(モックアップ、外見が実物そっくりの模型)確認」といった予定がぎっしりで、スケジュールが過密であることがわかる。

   さらに問題なのは、これからどのような機種のリリースが予定されているかが分かってしまうことだ。

   また、新タイプの携帯が企画されていることもうかがえる。

   きわめて限られた層の富裕層しか入会できない、閉ざされた組織に関連した言葉が登場しており、高級ブランドの名称をつけた「超セレブ向けケータイ」の開発が進行している可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中