茶殻配合で抗菌・消臭プラスチックフィルム 伊藤園

印刷

伊藤園は2007年8月23日、プラスチックフィルムの商品開発を手がけるジェイフィルムと共同で、茶殻を配合した抗菌・消臭効果のある機能性フィルム「お茶入りフィルム」を開発したと発表した。フィルムはショッピングバッグや手袋、エプロンなどさまざまな製品に用いられる。飲料の製造過程で出る茶殻を混ぜてあり、抗菌・消臭効果がある。また、茶殻の配合でプラスチック原料の使用量を2.5~10%程度削減できる。フィルムの強度は変わらない。伊藤園では、「茶殻はむかしから畳の掃除や消臭剤として利用されてきた馴染み深いもの。いまでは廃棄物とされつつあるが、身近な有用資源だという意識付けに役立てたい」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中