2019年 10月 20日 (日)

高校生ビンタの警察官 ネットでは「理解できる」98%

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   電車内で拳銃型のライターを乗客に向けた高校生を、神奈川県警大和署の巡査長が平手打ちして逮捕された。悪いのは高校生で、警察官の行為は理解できる――ネット上ではこんな見方が圧倒的だ。「高校生が何も罪に問われないのはおかしい」という声まで上がり始めた。

「巡査長支持」が大半、メールや電話の600件

ヤフーサイトの意識調査にある円グラフを見ると、小磯巡査長に同情的な声が圧倒的なのがよく分かる
ヤフーサイトの意識調査にある円グラフを見ると、小磯巡査長に同情的な声が圧倒的なのがよく分かる

   各紙の報道などによると、当日の状況は次のようだ。相鉄いずみ野線の上り電車内で2007年9月4日午後11時前、男子高校生(16)が、回転式拳銃の形をしたライター(全長36センチ)を乗客の方に向けるなどしていた。悪ふざけしていたらしい。たまたま、同僚と酒を飲んで帰宅途中だった神奈川県警大和署の小磯慶洋巡査長(33)が現場を目撃した。

   高校生が横浜市旭区の鶴ヶ峰駅で降りたあと、改札を出て階段下付近で「あんなものでいたずらしてはだめだ」などとライターを取り上げて口論となった。その際、小磯巡査長は、この高校生の顔を数回、平手打ちにし、顔面打撲のけがをさせた。

   小磯巡査長は、騒ぎを知って駆けつけた警察官に傷害の現行犯で逮捕された。小磯巡査長は、9月5日朝、処分保留で釈放されたが、県警では書類送検する方針だという。

   けがをさせたとはいえ、悪ふざけを注意した行動だったため、神奈川県警にはその後、巡査長支持などの声が相次いでいる。同県警広報県民課によると、07年9月6日昼過ぎまでに、メールや電話などで600件ものこうした声が寄せられたという。大半が、「逮捕は大げさでは」「あまり厳しく処分するな」といった同情的な意見だ。

   ネット上でも、巡査長に同情する声が相次いでいる。ヤフーが9月6日から始めた意識調査によると、同日午後5時の時点で、「高校生を注意し平手打ちした警察官の行動、理解できる?」との質問に約13万票もの回答が寄せられ、「理解できる」と答えたのは、そのうち98%と圧倒的だった。「理解できない」「わからない」と答えたのは、それぞれ2000、1000票ほどに過ぎない。

   ここで、「理解できる」とした人の回答のうち、多かったのが高校生をヤリ玉に上げる声だ。いくつかピックアップしてみると

「この高2の方は無罪放免ですか。はぁー?どうしてだよ、迷惑行為をしていたでしょうが」
「警察はこの高校生に対しても処罰しなければ、なにが正義であるか見失いかねない」

などなど。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中