合成清酒で誤表示 キリンビール

印刷

キリンビールは2007年9月10日、同社販売の合成清酒「うまくち俵兵衛」の原材料表記の一部に誤りがあったと発表した。米麹に使用する原料米を03年10月、「こしひかり」から「カリフォルニア産米」に変えたが、表示は「こしひかり」のままだった。同銘柄(紙パック)の販売は、メーカーのメルシャンから07年7月にキリンビールへ移った。移管作業を進めたキリン側が気付いたという。キリンビールは「飲用には全く問題ない」としているものの、03年10月以降製造分の回収を始めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中