「健康不安」?「スキャンダル」? ひよわな宰相不可思議な辞任

印刷

   おととい所信表明演説をしたばかりなのになぜ…。安倍晋三首相が2007年9月12日、涙目で唐突に辞任を明かしたことは、様々な憶測を呼び起こした。野党が優勢の国会に対する「自信喪失説」に、生気が失せた最近の表情から読み取る「健康不安説」、さらに週刊誌報道を知ったことによる「スキャンダル説」まで出て。テロ特措法に代わる新法成立に職責を賭けるとまで言った首相に、何があったのか。

「まったくのお坊ちゃん」と塩川正十郎さん

首相官邸の記者会見で辞意を表明した安倍首相。テレビ局各局は、その表情を「涙目」と報じた(NHKより)
首相官邸の記者会見で辞意を表明した安倍首相。テレビ局各局は、その表情を「涙目」と報じた(NHKより)

   大勢の記者が詰め掛け、ざわめきも漏れる政府官邸の記者会見場。安倍首相は、9月12日午後2時きっかり、いつものように足早に入ってきた。壇上に立った首相は、背筋を伸ばして周りを見渡した。無表情を装ってはいるものの、心なしか目に涙が浮かんでいるように見える。

「えー、本日、総理の職を辞すべき決意を致しました」

   その言葉を言い切ると、あとはさばさばした表情で、辞任に至った経緯を10分間にわたって述べた。

   安倍首相は、8月27日に内閣改造を終え、9月10日に国会で所信表明演説をしたばかりだ。しかも、辞任表明した12日は、国会での代表質問が始まることになっていた。それを投げ出していきなり辞めることに、与党内からも「想像がつかない」「政治は自分のものではない」と不満が噴出している。

   首相自身は、辞任を決めた理由を、主に2つ挙げた。それは、民主党の小沢一郎代表にテロ特措法の新法成立へ向けた会談を12日に申し入れたが断られたこと、この局面を打開するのは自分よりも新首相の方がふさわしいと考えたことだ。

   ところが、小沢代表は12日の記者会見で、会談の申し入れは今回が初めてであること、明確に断ったわけではないことを明らかにした。そこで、首相の真意が別にあるのではないかと疑念が高まっている。

   テレビ各局では、異例の辞任劇に、早速コメンテーターが憶測を始めた。TBSでは、元財務相の塩川正十郎さんが、首相が泥臭い交渉をすぐにあきらめたと指弾して、「まったくのお坊ちゃんということ」と切り捨てた。また、フジテレビでは、キャスターの木村太郎さんが、「自分の中の気力が急になえてしまったのではないか」とバッシングの嵐による嫌気を指摘した。

   こうした「自信喪失説」に対し、実は健康面で不安があったことを明かす自民党関係者もいた。それは、「与謝野―麻生ライン」と呼ばれ、内閣の人事権を握っていたとされる与謝野馨・官房長官と麻生太郎・自民党幹事長の両氏だ。与謝野氏は、12日の記者会見で、「病名などについては詳しく言えないが、相当な仕事と自分の健康の両立に深い苦悩の中にあった」と明かした。首相自身は会見で触れなかったが、「健康問題に逃げ込むことはいやだとの美学だと理解している」と述べた。だが、政権を支えていただけに、何とか辞任の理由を正当化したいという意図がにじんでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中