KDDI、「次世代無線高速通信」へ向け5社と提携

印刷

KDDIは2007年9月18日、「次世代無線高速通信」の免許申請へ向け、JR東日本など5社と提携すると発表した。ほかの4社は、米インテル、京セラ大和証券グループ三菱東京UFJ銀行。KDDIが8月末に設立した、免許申請を目指す新会社へ共同で出資する。次世代無線高速通信は、移動しながらでも高速インターネットに接続できる通信のこと。総務省が07年10月12日まで申請を受け付けている。最大2社に免許を割り当てる方針だ。NTTドコモアッカ・ネットワークス連合、ソフトバンクモバイルイー・アクセス連合、PHSのウィルコムが免許取得を目指しており、「激戦」は必至の状況だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中