2021年 5月 11日 (火)

「頭を切断しても生きている」 ゴキブリ伝説は本当なのか?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

頭部だけを切り落としても、「かなり長く生きる」

   ただ、「頭を切断しても生きている」説は正しいようだ。「脳」とされる部分は頭部にはあるのだが、ゴキブリの胸部には「食道下神経節」という脚のモーターコントロールの役目となる部分があるため、頭部だけを切り落としても、「かなり長く生きる」とのことだ。ただし、頭部の重要な神経節を失うので、多くの活動が制限され、当然ながら生き返ることはない。
   では、掃除機で吸っても「生きて出てくる」、「産卵する」説は正しいのだろうか?

「研究室でゴキブリが逃げ出したら掃除機で吸ってますよ。(研究に使うのは死ににくい)元気なゴキブリじゃないといけませんからねぇ(笑)」

   掃除機を「強」モードにして吸えば100%とはいえないものの大抵は死ぬようだ。さらに、ゴキブリは卵を1ずつ産み付けるような産卵の仕方ではないため、掃除機のなかでゴキブリの卵が孵化することは考えにくいという。

   「頭を切断しても生きている」は別にしても、「絶対に目を合わせてはいけない」「掃除機のなかで産卵する」は、どうやら人間のゴキブリに対する恐怖心から生まれた「俗説」の可能性が高そうだ。

   そんなしぶとい生物を寄せ付けない商品が開発された。
JFE鋼板は2007年9月20日、アース製薬石原薬品などと共同でゴキブリを寄せ付けない防虫鋼板(商品名「サニータ」)を開発したと発表した。防虫鋼板「サニータ」のメカニズムは、防虫鋼板にゴキブリなどの昆虫が触れると、触角、脚、口器などから極微量の防虫剤に触れて、感知し、1~3分程度で異常行動を誘い、防虫鋼板の表面から逃げ出すというもの。効果が10年ほど続くことが期待でき、冷蔵庫や電子レンジやパソコンといった電気製品や飲食店・食品工場の設備の材料として使われることもありそうだ。
   「頭を切断しても生きている」かどうか、などと考えなくてすむ時代が来るのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中