住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行とATM提携

印刷

住信SBIネット銀行は、民営化された「ゆうちょ銀行」とATMで提携し、2007年10月22日から利用を開始する。同行の顧客はキャッシュカードによる現金の預け入れや引き出し、残高照会が「無料」でできる。ATMの利用手数料が無料になる銀行は住信SBIだけ。利用時間帯や利用回数に制限はない。ただし、法人顧客は預け入れと引き出しについて、1回105円が必要。
住信SBIは9月24日に開業したばかりのインターネット専業銀行で、自行のATMは持っていない。セブン銀行の約1万2000台のATMに加えて、ゆうちょ銀行の2万6103台のATMが利用できることになり、顧客の利便性が増す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中