2022年 1月 20日 (木)

カスタマイズ業界VS日産自動車 「GT-R」改造を巡る戦い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日産自動車が発表した新型車「ニッサン GT-R」に、自動車カスタマイズ業界が戸惑いをみせている。GT-Rは、カルロス・ゴーン日産自動車社長が「日産の車に対する情熱の究極の表現」と語ったスーパーカー。日産車の走りのフラッグシップカーと位置づけられている。その性能をユーザーが購入した後も維持するため、GT-Rには高度な改造防止システムを導入、ユーザーに対し、認定企業のカスタマイズ商品以外は交換しないように呼びかける。認定企業は今のところ日産の子会社2社のみ。2007年12月6日の発売に向けて日産とカスタマイズ業界との戦いが始まった。

カスタマイズ商品の認定企業は2社のみ

GT-Rの登場にカスタマイズ業界は困惑気味だ
GT-Rの登場にカスタマイズ業界は困惑気味だ

   GT-Rに搭載した3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」は480馬力の最高出力を持つ。2004年に自動車メーカー各社が国内発売登録車の280馬力自主規制を撤廃して以来、12月にはトヨタ自動車の「レクサスISF」(最高出力423馬力)とともに初めてエンジン出力で海外メーカーに引けをとらないスポーツカーが国内で発売される。

   280馬力自主規制は1990年に導入された。1980年代に国内メーカーによる自動車のハイパワー競争が激化し、さらに交通事故死者数が急増して第2次交通戦争と呼ばれる時代になっていた。そこで当時の運輸省(現・国土交通省)が自動車業界に対策を迫り、発売中の日産フェアレディZの最高出力280馬力を上限に自主規制を決めたのだ。

   しかし自主規制によって、国産スポーツカーは海外のスポーツカーなどに対して競争力を失っていった。そこで2004年に自主規制が撤廃され、04年10月に発売したホンダレジェンド(最高出力300馬力)が280馬力超の第1号となった。その後、280馬力を大きく超える国産新型車は誕生していなかった。

   新型車を発売するためには、国土交通省の型式認定を得る必要がある。ところが公道を走行可能な保安基準を満たしていたとしても、自動車は扱い方を間違えれば走る凶器となり、国土交通省はハイパワー競争の再燃に不安を持つ。そこで日産は内々に同省にお伺いを立て、企業責任として道路交通環境下での安全性能確保を目的に、不正改造防止対策を取り入れた。

   日産にとっては、同省の理解を得るとともに、整備やカスタマイズ商品の販売・装着といった需要に対して日産陣営からの流出を防ぐことにも繋がる。まさに一石二鳥というわけだ。

   GT-Rは全国約2400店の日産ディーラーが販売と車検・法定点検に対応するが、このうち約160店に難度の高い整備作業まで受け持つ日産ハイパフォーマンスセンター(NHPC)が開設される。NHPCには日産がGT-Rの販売・整備のために認定した担当者が常駐し、GT-Rの購入希望者にはNHPCでの購入や整備入庫を推奨する。またカスタマイズ商品の認定企業は日産子会社のニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)とオーテックジャパンの2社。NISMOは2008年春にGT-R用サスペンションを発売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中