2020年 9月 23日 (水)

作品フィギュアで宮崎駿監督が激怒 「トトロを脱税の道具にするな!」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

脱税会社、最近は業績が落ち込んでいた?

   日刊スポーツの07年11月13日付けの記事はコミニカについて、

「04年2月期に約4億7000万円の売上高を計上したが、最近は業績が落ち込んでいた」

と書いている。コミニカのホームページを見ると、03年に「トトロ」のアクセサリー契約を結んだ以降、スタジオジブリとの新しい契約は書かれていない。「ハウルの動く城」「ゲド戦記」など新作ではライセンス契約をしていなかったらしい。新作映画のキャラクターのフィギュアが作れない影響もあって、業績に影響が出たとも考えられる。

   スタジオジブリ広報はJ-CASTニュースに対し、コミニカはこれまで完成度の高いフィギュアを制作していて、信頼を置いていただけに社員みんなが驚いている、としたうえで、

「容疑が事実ならば、直ちに契約解除することになります」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中