2018年 7月 19日 (木)

小沢代表辞任騒動、広告効果は327億円

印刷

メディア調査会社の内外切抜通信社とテレビ調査会社のプロジェクトは2007年11月16日、民主党の小沢一郎代表が辞意表明して撤回するまでのメディア露出を広告換算したところ、新聞・雑誌・テレビあわせて327億円に達した、と発表した。その一方で、調査対象の新聞・雑誌の926記事中の「好意度」を分析すると、中立だった記事は73.8%。小沢代表に否定的だったのが26.0%だった一方で、肯定的だったのはわずか0.2%と、小沢氏には批判的な論調が目立った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中