2020年 3月 29日 (日)

「本当に反省しているのか」 朝青龍帰国後の針のむしろ

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   帰国して謝罪会見を開く横綱の朝青龍(27)が、モンゴルから日本への航空便が一時確保できない事態になっていたことが明らかになった。スポーツ報知によると、巨体収容に必要なビジネスクラスの座席がテレビ局に先取りされてしまったという。さらに謹慎期間中の泥酔騒ぎ疑惑なども浮上、帰国しても「本当に反省しているのか」との大合唱が上がりそうだ。

帰国便はすでにテレビ局に占拠されていた

朝青龍の酒乱騒ぎ疑惑を取り上げたスーパーモーニング(テレビ朝日から)
朝青龍の酒乱騒ぎ疑惑を取り上げたスーパーモーニング(テレビ朝日から)

   朝青龍は、夏巡業中にモンゴルでサッカーに興じていたとして、日本相撲協会が2007年8月1日、2場所出場停止と九州場所千秋楽の11月25日までの謹慎処分を言い渡した。その後、精神的ショックによる「解離性障害」と診断され、8月29日から、療養するとしてモンゴルに滞在していた。

   そして、帰国は、横綱審議委員会の臨時会合が開かれる11月30日と決まった。この日は、東京・両国国技館で謝罪会見を行い、さらに横審でも謝罪することになっている。

   横綱が再び受け入れられるためには、そこで真摯に反省している態度を示すことが大事だ。ところが、帰国便の確保を巡っても、その態度に疑問符が付くようなトラブルがあったことが判明した。スポーツ報知の11月28日付記事によると、この日1便だけのモンゴル航空の直行便ビジネスクラス全12席が、機内撮影が目的のテレビ局に占拠されてしまっていたのだ。横綱の巨体では、エコノミークラスは使えないという。そもそも朝青龍側が予約しようとしたのが先週中というから、対応が遅いと言われても仕方がない。

   この危機は、朝青龍側が30日に着く韓国・ソウル経由の便を確保したことでかろうじて回避されたという。

   実は、朝青龍を巡る帰国のトラブルは、これだけではない。新聞各紙によると、当初は、横審が開かれる11月26日に帰国する予定だった。が、朝青龍がモンゴルへ行った直後の9月2日に、1年間の興行ビザが切れており、帰国までにその発給が間に合わなかったのだ。自宅マンションに「籠城」していたため、日本で更新していなかったという。

   その後、ビザは特例で早期更新されたようだが、特例が認められなければ、12月2日から九州で行われる冬巡業にも間に合わなかった。これには、師匠の高砂親方でさえ、「巡業に間に合わないならクビだ」と言い放ったほどだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中