「ウソ」つき通した末 橋下弁護士、府知事選に出馬

印刷

   これまで大阪府知事選への出馬を否定し続けていた橋下徹弁護士(38)が、一転して出馬する。出馬が明るみになった2007年12月11日にも、橋下氏は自分の弁護士事務所に「不出馬の意向」を伝えていたが、水面下では環境作りが進んでいたらしい。「大ウソ」をつき続けた末の出馬だったのか。

11日午後の時点でも否定

一転して大阪府知事選に出馬することになった橋下徹氏
一転して大阪府知事選に出馬することになった橋下徹氏

   07年12月5日には、朝日新聞毎日新聞などが、大阪府知事選に橋下氏を擁立する方針を自民党が固めたと報じたばかり。その際には、橋下氏は芸能事務所と法律事務所に対し、府知事選への出馬を「完全否定」していた。

   07年12月11日に、日本テレビ(NNN)、読売新聞が、大阪府知事選に出馬する意思を橋下氏が自民党幹部に伝えたと報じた際にも、この「珍現象」は変わらなかった。

   大阪市内にある橋下弁護士の法律事務所の事務局担当者は07年12月11日の午後の時点でJ-CASTニュースに対し、

「今日(07年12月11日)の9時20分頃に本人から電話があり、前回と同様に出馬はしないとのことでした」

   と話す。橋下氏は不出馬の意志については「変化はない」としており、この日は「本業で」大阪市近郊におり、事務所には不在とのことだった。

   ただ、事務所周辺は報道陣でごった返している模様で事務局担当者は「もう、たくさんいます。(橋本弁護士の事務所がある)3階まで人が来てしまって・・・」と、大変なことになっているといった様子だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中