2018年 7月 24日 (火)

「バカ市長」は名誉毀損 週刊新潮に賠償命令

印刷

飲酒運転をした職員の処分についての発言をめぐり、週刊新潮に「バカ市長」と題した記事が掲載され名誉を傷つけられたとして、滋賀県彦根市の獅山向洋市長が発行元の新潮社に2200万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が2007年12月26日に大阪高裁であった。横田勝年裁判長は「表現は全人格を否定し、いわゆるバカ扱いした記事」で名誉毀損に当たるとの見方を示し、請求を棄却した1審判決を変更し、22万円の支払いを命じた。週刊新潮側は、判決内容を不服として上告する方針。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中