「バカ市長」は名誉毀損 週刊新潮に賠償命令

印刷

飲酒運転をした職員の処分についての発言をめぐり、週刊新潮に「バカ市長」と題した記事が掲載され名誉を傷つけられたとして、滋賀県彦根市の獅山向洋市長が発行元の新潮社に2200万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が2007年12月26日に大阪高裁であった。横田勝年裁判長は「表現は全人格を否定し、いわゆるバカ扱いした記事」で名誉毀損に当たるとの見方を示し、請求を棄却した1審判決を変更し、22万円の支払いを命じた。週刊新潮側は、判決内容を不服として上告する方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中