2020年 2月 24日 (月)

細木数子「ズバリ言うわよ!」突然降板 TBSとの間に何があったのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   人気占い師の細木数子さん(69)が、TBSの看板バラエティー番組「ズバリ言うわよ!」の降板を2007年12月に申し出ていることがわかった。番組は08年3月までには終了するようだ。突然降板の理由について、ネットでは様々な憶測が飛び交っている。

「他各番組の降板時期についてはまだわかりません」

「ズバリ言うわよ!」降板の理由について憶測が飛び交っている
「ズバリ言うわよ!」降板の理由について憶測が飛び交っている

   細木数子事務所はJ-CASTニュースの取材に対し、

「TBSに降板を伝えたことは事実です。細木はテレビ出演をしばらく『休業』したいと話していまして、これから徐々にテレビの仕事は減らしていくことになります」

と説明した。「ズバリ言うわよ!」は細木さんが絶対メインの番組なだけに、08年3月までには番組自体が終了することになりそうなのだが、「テレビの仕事を減らしていく」中で、なぜTBSが最初なのか。同事務所では、

「もちろんフジテレビさんをはじめ、これから、降板について各局に説明することになります。各番組の降板時期については、先方のお考えもあるでしょうからまだわかりません」
とだけ話した。

   一方のTBS。「ズバリ言うわよ!」は毎回視聴率が十数%と安定していて、07年8月に放送したスペシャル番組は、瞬間最高視聴率30・6%という大人気だった。最近、低視聴率に喘ぐTBSにとって、この番組がなくなるのは相当の痛手のはずだ。TBS広報はJ-CASTニュースの取材に対し、

「(細木さん降板は)一切決まっていないし、降板したいという申し出も正式には来ていない」

と細木さん事務所の話を全面否定した。

   ネット上には細木さんがなぜ番組を降板するのかについて、

「自民党から出馬するつもりなのだろう」
「もともと本業で稼いでいて、テレビは趣味とミーハーでの出演だから、突然辞めてもおかしくなかった」
「不祥事続きのTBSが嫌になったのだろう」

などの憶測が大量に出ている。そうした中に、

「TBSと細木の朝青龍へのインタビュー問題」

   を挙げるカキコミも出ている。確かに、細木さんとTBSの軋轢があるとすれば、真っ先に思い出されるのが、これだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中