2019年 11月 21日 (木)

タイゾー君に新潟鞍替え説 田中眞紀子といい勝負?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タイゾー君が新潟5区で田中眞紀子と激突!?  次期衆院選で自民党本部がこんな話に興味を示していることが分かった。杉村太蔵衆院議員(28)(比例区南関東ブロック選出)は2007年末、北海道1区で自民党本部への推薦を見送られた。が、果たしてこんな「ウルトラC」に現実味はあるのか。

「面白い」「それはいける」と自民幹部

タイゾー議員の新潟鞍替えの可能性に触れた「スーパーモーニング」(テレビ朝日より)
タイゾー議員の新潟鞍替えの可能性に触れた「スーパーモーニング」(テレビ朝日より)

   衆院北海道1区の自民党支部では2007年12月27日、タイゾー議員の対抗馬だったYOSAKOIソーラン祭り創始者の会社役員、長谷川岳氏(36)を公認候補として党本部に推薦することを全会一致で決めた。一方のタイゾー議員は、1区で出馬することを重ねて強調している。

   そんな中で、タイゾー新潟出馬説の可能性を論じているのが政治評論家の有馬晴海氏。有馬氏は、サンケイスポーツの2008年1月7日付記事で、「共倒れを防ぐべく、杉村氏を田中眞紀子氏の新潟5区に回すウルトラC案も出ている」と明かしたのだ。さらに、有馬氏は、テレビ朝日系で7日放送された「スーパーモーニング」で、個人的に自民党本部の選対幹部にタイゾー議員を新潟5区でやらせたらいいと進言したとし、次のように菅義偉選対副委員長ら幹部らの反応を語った。

「菅さんだけでなく、私が持ちかけたほとんど多くの幹部は、『面白い』『それはいける』という反応でした」

   有馬氏によると、自民党本部としては、タイゾー議員が鞍替え出馬すれば、たとえ落選したとしても、比例で救済してもよいとの考えを示しているという。一方、菅副委員長自身も、タイゾー議員の「勇気を評価したい」などと前向きなコメントを繰り返している。

   新潟5区では、自民党支部長の米山隆一氏(40)が出馬の構えを見せているが、まだ候補者は決まっていない。5区では、現在は無所属の田中眞紀子氏(63)という知名度ある現職がいるだけに、同じように知名度があるタイゾー議員との対決が見ものというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中