2021年 1月 17日 (日)

「週刊女性記者はストーカー」 柳美里がサイトでケンカ売る

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   長男虐待騒ぎを起こした芥川賞作家の柳美里さん(39)が、今度は公式サイトの日記で、「週刊女性」の記者に猛烈に怒っている。柳さんの長男(8つ)を追い掛け回そうとしたとして、実名を出し「ストーカー」だと決め付けたのだ。週刊誌側は、対応を検討中としているが、一方的な宣戦布告に困惑している様子だ。

「お前を虐待すんぞ、コノヤロー!!」

柳美里さんの公式サイトのページ
柳美里さんの公式サイトのページ

   柳美里さんは、公式サイトのページ「柳美里の今日のできごと」の2008年2月4日付日記で、長男を「嘘つき」呼ばわりし、8時間もひっぱたきまくり、学校を休ませた、などと告白。地元の児童相談所が虐待の可能性があると自宅に児童福祉司を派遣し、柳さんがその後の日記で「広義な解釈で『フィクション』」と釈明する騒ぎになっていた。

   ところが、今度は、この虐待騒ぎを取材しようとした「週刊女性」の新人男性記者に対し、ひっぱたきかねないばかりの剣幕で切れたのだ。

   まず、2月13日の日記で、新人記者が昼間から自宅の前にいたとして、「さっき、ダダが『週刊女性』の編集者に名刺を渡されて『虐待の事実は? あのメガネをかけている男性は?』と質問されたそうです」と紹介。そのうえで、この新人記者に対し、柳さんは、自分の日記や本を読んでから取材依頼をしろと日記上で叱りつけ、

「お前を虐待すんぞ、コノヤロー!!」

と宣戦布告した。

   そして、同じ日の日記に、名刺の写真を貼り付け、「週刊女性」を発行する主婦と生活社のサイトのうち、新人記者の顔写真が載っているページのアドレスまで表示。そして、「親の顔が見たい(いったい、どんな教育を受けたんでしょうか?)」などと揶揄した。

   新人記者への罵倒は、14日も続き、長男に近寄ろうとしたとして、そのことについて特に怒りを爆発させた。

「卑劣極まりないだろ? おいらの長期不在中に、息子をつけまわすなんて……」
「息子に訊いたら、おまん、小学校の校門から書道教室に行くまで、ずっと付け回してたそーじゃないか!息子は、ひとりで外に出るのが怖いって怯えてるよ」

   そして、新人記者に対し、「ストーカーってゆーんだよ!」と言い放った。

   なお、柳さんは13日の日記で、サイトが100万ページビューを越えたことを明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中