メガバンクとりそな銀行、住宅ローン金利を引き上げ

印刷

   三菱東京UFJみずほ三井住友りそなの4行は住宅ローン金利を一部引き上げた。2008年3月1日から、適用を開始した。市場金利の上昇に伴う措置。変動金利型は、各行とも年2.875%に据え置いた。固定金利選択型は、たとえば期間5年もので、みずほが0.05%引き上げて年3.15%とし、他の3行は0.15%引き上げて、三菱東京UFJ、三井住友、りそなともに年3.25%となった。また、期間10年ものは0.05~0.15%の幅で引き上げ、三菱東京UFJが年3.70%、みずほが3.60%、三井住友が年3.55%、りそなが年3.70%となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中