携帯電話事業から撤退 損失約170億円の見込み 三菱電機

印刷

   三菱電機は2008年3月3日、NTTドコモ向けを中心に取り組んできた携帯電話の端末事業からの撤退を発表した。これに伴う08年3月期の損失は約170億円になる見込み。携帯電話市場が成熟し端末需要が見出せないなかで、出荷台数が減少して今後の業績改善が見通せなくなったことが撤退の原因。同社の携帯電話端末の出荷台数は07年度で約210万台、売上高約1000億円(いずれも見込み)。開発や製造、営業部門を含む従業員約600人は、通信インフラ事業やトータルセキュリティ事業、カーマルチメディア事業などの戦略的事業分野に再配置していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中