2019年 4月 21日 (日)

ゆうちょ銀がヤマトに仕事依頼 「なぜ悪いのか」ネットで話題

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   日本郵政(JP)グループのゆうちょ銀行が、同じグループの郵便事業会社の日本郵便ではなく、ヤマト運輸にテキスト発送を頼んでいた。JP本体は、傘下のゆうちょ銀の対応を批判したが、ネットでは、「グループ内でも競争させるのが当たり前」といった、ゆうちょ銀支持が圧倒的だ。

郵便事業会社が参加しないまま一般競争入札を行う

グループ会社間でほころび(?)も出た日本郵政の本社
グループ会社間でほころび(?)も出た日本郵政の本社

   ゆうちょ銀行では2008年2月中旬、全国約2万4000の郵便局に、社員研修に使う預金保険機構制度のテキストを送ろうとした。まず郵便事業会社に相談したが、あて名作成や仕分けなどの作業について契約高の話がまとまらなかったらしい。そこで、同社が参加しないまま一般競争入札を行い、宅配便最大手のヤマト運輸が落札、その後同社のメール便でテキストを発送した。

   その背景には、新聞各紙によると、2007年10月1日の民営化で分社化してから、グループ各社が個別利益追求を優先し始めたことがあるという。

   一方、郵便局からは、同じグループ会社を使わなかったことに非難が上がった。これに対し、JPの西川善文社長が、「極めて遺憾」とゆうちょ銀や郵便事業会社の対応を批判する事態になった。

   ところが、ネット上の反応は違っている。ブログやミクシィを見ると、ゆうちょ銀を支持する声が圧倒的なのだ。

   ブログ「冒険少年にゅーす塾~Hatena-Ver.~」は、日記で

「この社長何言ってんだか。僕に言わせれば『同じグループだからと言って甘えていては他社と戦うための競争力などつくはずがない』だと思うよ?ゆうちょ銀行の判断は正しいんじゃない?『民営化』の意味がわかってないでしょ?」
と声を上げた。また、ブログ「とほほの通風日記」では、
「ま、早い話が、ライバル企業のサービスを競争見積もりの結果、一番安くて、完璧そうで、信頼に値すると踏んで、採用いたしましたあああああ。て、事(中略)競争見積もりの実行を考えた職員さらには、ライバルの採用に踏み切った方の勇気と、英断て やっぱ、どう考えても凄いと思う」

とゆうちょ銀の対応を賞賛した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中