2018年 7月 21日 (土)

「ダイヤル104」で不当広告 公取委がNTTに排除命令

印刷

   公正取引委員会は2008年3月13日、景品表示法違反(有利誤認)でNTT東日本西日本両社に排除命令を出した。電話番号の案内「104」からそのまま電話をつなぐ新サービス「ダイヤル104」に対し、接続手数料が掛かることや通話料が割高になることを明確に説明していなかったというのが、その理由。
   通信業界が同法違反で排除命令を受けるのは初めて。公取によると、2社は07年7月にダイヤル104を開始し、十分な料金説明がないまま、テレビコマーシャルやポスターで、「そのままおつなぎします」などと宣伝していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中